blog

SOUND+VISUAL音源と最近の動画いろいろ

11/14 SOUND+VISUAL@西麻布Bullet’sのライブ。
なんにも見えないけどこれ映像である意味あるの?!

Live at SOUND+VISUAL 14 Nov. 2010 by nanonum
ということでSoundCloudに音源のみアップ。

—-

以下ついでに最近撮ったというかUstream録画をアップした映像です。

PICnomeでTV音声をサンプリングしながら再生したパッチで遊んでみました。

縦列毎に個別のM4Lデバイスをインサートできるようにしているのですが、大きく分けてサンプリングしたものを保持してグラニュラーシンセでスクラブ再生するタイプのデバイスとAbleton LiveのBeat Repeat的な入力音を好きなタイミング、間隔でループ(ループポイントのゼロクロス処理していないので再生、逆再生を繰り返すタイプ)するディレイエフェクトの組み合わせになっています。

この動画では音響プレイ的な事をしていますが、元のパッチ自体がVestaxのPCDJ用に作ったグラニュラースクラッチをPICnomeのボタン用にマッピングし直したもので、今月頭のCoppe’さんのライブではあらかじめ仕込んであった2mixのバックトラックとCoppe’さんの声をその場でサンプリングして演奏しており、先月末のMax/SC/PICnome忘年会ではサンプリングはせず、あらかじめ仕込んでおいたオーディオファイルを切り替えながら効果音的にプレイしたりと、ソースによって結構自由にパフォーマンスが出来るパッチになっています。

わんもあしんぐ。

Doepfer Dark Energy + KORG ER-1 Jam

これもUstream垂れ流し録画。

40分ぐらいからがおすすめになっています。Dark EnergyはSH101依頼10年ぶりぐらいに購入したアナログシンセなのですが、そのレトロな外観に似合わずMIDI to CV/GateやらProg ChangeでON/OFF制御のアルペジエーター、リトリガーの設定など隠れておりさすが21世紀のアナログシンセ、という感じです。

もちろん音は完全にアナログでいくらかパッチングも可能なんですがそれ抜きであり得ないぐらいおかしな音が出ます。そして何より安い(6万弱)
このセットでもライブ出来そうですがさすがアナログだけあって突然出る大きな音が制御しづらくちょっとライブは不安。

そんなこんなで年末です、今年もよろしく。